■新潟戦を見に行きました
2002.10.23 
 シーズン大詰めにさしかかった、J2。今年は終盤まで、もつれにもつれ、J1への昇格争いも熾烈になっています。
 昨日の試合は大分市営陸上競技場だったので、仕事の帰りに観戦に出かけました。
 
 家族とOBS前のバス停で待ち合わせて、ご飯とビールを確保して・・・と到着すると、すでにメインスタンドは満員。いつものトリニスタの横に行こうとするものの、満員だからと警備員に止められる。しょうがなく、アウェイ側のゴール裏に陣取る。最近、なんとなくゴール裏から見るのが好きな我が家です。

 向かいのスタンドに見えるのは、トリニータのサポ「トリニスタ
 サポーターの番号である12番の大きなフラッグ。トリニスタってこんなにたくさんいたっけ? いつもの3倍くらいいるような気がするのは、私だけだろうか?
 試合前から非常に声が出ていて、気合い十分だ。

 で、反対側には・・・なんと新潟のサポがあんなにたくさん来ている。聞くところによると、弾丸バスツアーと題して、20時間もかけて大分まで来てくれたらしい。
 同じJ2のサポーターとして、同じ時間を共有できるのはうれしいですね。


 で、試合の方はというと、2-1で大分の快勝。試合終了間近のロスタイムに新潟の神田に1点は返されたものの、なんとか持ちこたえ、J2優勝に向け頭一つ飛び出した。

 後半、山根選手のゴール右隅に吸い込まれるようなシュートも見ることが出来、非常に満足な観戦でした。
 トリニータの選手は素晴らしい集中力で、見てる者を魅了させてくれました。さすがに後半終了近くになると運動量は落ちてきましたが・・・。

 今日はアウェイ側で応援していたので、新潟サポを刺激しないようにおとなしく応援しようと決めていたのだけど・・・やっぱり、トリニスタと一緒に歌っていた。手の叩きすぎで、今日は手の甲の筋が痛い。

 試合が終了しても、勝利の余韻を味わう観客。
 選手が挨拶に来ると、響き渡る「トリニータコール」。

 トリニータも、ようやくここまで来たんだなぁ・・・と、JFLに昇格当初の頃を思い出しながら、感慨に耽ってしまった。

 その晩は、夫婦で美酒を傾けたのは言うまでもありません。

 さぁ、あと残り5試合。
 今年こそは、悲劇を味わないように。。。

 次は、横浜FC戦。
 最後まで何があるか分からないリーグ戦。一緒にスタジアムで盛り上がりませんか?
Reported by K_Kadowaki