母いなくとも・・・クリスマスイブはおいしい


 我が家の次女が誕生したことはこちらで紹介しましたが、ママがいないと困るのがやはり食事。そんな、みじめな我が家に朗報。ママの入院している産婦人科がクリスマスメニューを用意してくれるとのこと。

 仕事をとっとと切り上げ、長女を連れて産婦人科へ。ママとの会話もそこそこに、会場へ急ぐ・・・ちなみに今日、オペの終わったばかりのママは、明日まで絶食生活・・・なので置いてきぼり。かわいそうだけど、しょうがない。
 今日はママの分までがんばって食べようと、気合いを入れ直す親子なのでした。


 さて、3階にあがりますとオードブルの用意ができています。今日はバイキング形式のディナーです。で、料理はといいますと・・・。


 まずは前菜。最近の産婦人科は専属のシェフがいますから、なんだか本格的です。
 で、前菜の後はサンドイッチ、ピザ、お寿司・・・この後には、スープや肉と続く・・・。(すみません、写真が撮れなかった)
 サーモン
 やった、お刺身もある。

 鯛もブリもおいしかったけど、伊勢エビが最高・・・。
 デザートは、ケーキと
 フルーツ。
 プレートに、たくさん取ってきて二人で仲良く食べているの図。
 もちろん、クリスマスケーキもあるわけで・・・これがまたうまい!

 看護婦さんにサンタをのせてもらって、大喜びの長女。
 うちの娘はアイスクリームに突入。ストロベリーアイスの上に、本物のイチゴを乗せてもらって、ニコニコの長女。
 おみやげに、シェフ手作りのベイクドケーキまで・・・おいおい、袋ごと食べるでない・・・。
 そうしている間にも、病室で絶食中のママに、写真付きメールを送ったりする、非情な親子だったりもします。


 産婦人科の料理っておいしいですね。長女が生まれたときよりも、ますますおいしくなっているような気がします。僕もここに住みたいけど、パパは宿泊不可とのこと・・・残念。

 食事の後、ママに食事の写真を見せびらかしに行きました。うらやましがられたというよりも、怒りを買ったかもしれませんが・・・あとの仕返しに怯えながら、病院を後にする父と子でした・・・。
<おまけ>
 入院した日(昨日)の昼ご飯は、天ぷらとちらし寿司、茶碗蒸しでした。こちらも非常においしくてうれしい・・・ここの産婦人科、もともと和食はおいしかったんですよね。

 で、家内の姉妹や友人に右の写真を送っちゃいました。携帯のカメラもこんなときはとっても便利!

 いや〜、久しぶりに産婦人科にお世話になっていますけど、やっぱりいいですね。
 ここの産婦人科は、大分市の中ではむちゃむちゃ高級ってわけでもないんだけど、居心地がよくってお気に入りです。

 また、食事を中心にレポートしたいと思います。長丁場ですので・・・。

Reported by K_Kadowaki
2002/12/24