■青春18切符でGO! 最終日2005/1/10編
瀬戸大橋
ちゃんと明るいときに通れば気持ちいいよね。
若干、かごの中の鳥の気分だけど。

さあ、新年の青春18切符の旅行も最終日

青春18切符にスタンプされた日付も4つとなり、この切符が使えるのもあと1日となった。
さて、この長いレポートも最終日です。

倉敷、8:00am
またちょっと寝坊気味で起床。

いつもの如く、のんびりと今日のスケジュール作成。うーん、まっすぐ柳ヶ浦に帰るのも芸がないな・・・なんて、ケチなことを考える私・・・・・・。

30分後、倉敷駅。山陽線、岡山行きに乗り込む。帰る方向とは、完全に逆じゃん!
川崎医科大を左手に見ながら、関西の新快速のお古で東へ。この2週間くらいで川崎医科大学を見るのは5回目いつの間にか岡山も見慣れた風景になってきたね〜、しみじみ

岡山から瀬戸大橋へ。今回の旅行ではじめて、明るい時間に瀬戸大橋を渡る。快晴、そして瀬戸内の緑に輝く海の上を列車が進む。気持ちのよい列車旅だ。

坂出から予讃線へ。電車も2両編成に、線路も単線になり行き違いのための停車時間も増えてきた急にローカル線の風情だ。観音寺からは遂に1両編成の電車になった。

伊予西条着。西条と言えば名水の町。駅前のバス停そばにも「うちぬきの水」を汲める場所がある。大急ぎでペットボトルに詰めて、電車の中でゆっくりと楽しむ。やっぱりうまいね
今治駅で電車を降りた。

 

来島海峡大橋へ
いよいよ、しまなみ海道
高速バスでしまなみ海道へ

今治から、福山行きの高速バスに乗り換える。そう、しまなみ海道初体験。

瀬戸大橋線の電車は鳥かごのような場所から海を眺めるが、高速バスだと遮るものは何もない

バスの最前列に陣取り、ゆっくり緑色に輝く瀬戸内海とその上に幾重にも浮かぶ多島美を楽しむ。島にはいると、両側に広がるミカンの木。そして、また、海。また島と、景色が繰り返される。

先週見た尾道の景色が見えてくると、しまなみ海道も終点だ。丘の上に張り付いている尾道城が懐かしい

予定時間より少し遅れて、福山駅前に到着。駅のホームから見える福山城も懐かしい。先週の休みから4回目に見る福山城。なかなか2週間に4回も福山城を見ることないよな・・・としみじみ・・・。

いつものように(笑)、宮島口のまわりの牡蠣の直売店の看板を見ながら指をくわえ小倉駅でたっぷり乗りかえで待たされ23:30ころ柳ヶ浦着。我が家に帰り着いたのは日付変わって1時過ぎ。ひぃ〜、前回よりもまだ遅いじゃん。明日、やっぱり仕事だよね・・・。


予讃線・・・のどかな感じでしょ
予讃線に乗り換えると、
時々車窓に瀬戸内海が現れる。
この休みで何度も通った、山陽線は対岸だ。

伊予西条駅・うちぬきの水
久しぶりの西条。学生の頃の添乗のバイトではよく来ていたなぁ〜。ペットボトルにうちぬきの水を補給。久しぶりに名水を味わう。

電車は1両編成に・・・。
単線の予讃線を、単行運転の電車はのどかに進む。この電車は前が見えるので開放感があって気持ちいい。

今治駅前、バス乗り場
今治駅前のせとうちバスのバス停に
バスの乗車券売り場が出来ていた。
無事、福山行きのチケットを買う。2400円。

連休だからもっと混んでいるのかと思ったら、
以外に少なくて拍子抜け。


福山行きの高速バス
瀬戸内海交通の高速バスが来た。
新しいけど、結構安手のバス(笑)

自由席なので一番前の席に陣取る。


しまなみ海道走行中
バスのディスプレイには
現在のおおよその走行位置が表示される。

未だ高速道路が開通していないところも多いし、
各島のバス停には止まるので、
結構時間がかかる。

それでも、各島のバス停からは結構お客が乗り込んでくる。いつの間にかバスもほぼ満席に。
重要な生活路線なのですね。

波方の造船所を見下ろす
来島海峡大橋の手前、
波方の造船所群を見下ろす。

学生のころ、下から建設中のこの橋を見上げることはあったが、こちらから見下ろすのは初めて。

新鮮な風景。
バスの窓に青い色が入っているので
ちょっと写りが悪い・・・。

斜張橋
多々良大橋かな?
眠かったので、かなりいい加減 笑

道の両側にはみかんの木
海→島→海・・・
と繰り返される景色。
島内の道の両側にはミカンの木が続く・・・。
瀬戸内の島の風景だなぁ〜。

新尾道大橋へ
「しまなみ海道」最後は新尾道大橋。
因島の市街地の向こうには
1月3日に歩いた尾道の街が見える。
写真では難しいけど、丘の上に尾道城も見える。
なつかしい風景になんだか、ほっとする



今回使った青春18切符
各駅の日付スタンプが5つならぶ
久しぶりに青春18切符を使って

年末から7日間も旅行に明け暮れた年明け。まとめていろいろな街が見ることが出来ました。

自分たちの売り方が分かっている金沢、同じ北陸なのにのんびりした感じの福井等身大の観光を進めている尾道。過去の遺産をきちんと残している倉敷。現代の大原家(?)、ベネッセによる芸術のあるまちおこしを進める直島。そして讃岐うどんが大ブレイク、88箇所巡り的オリエンテーリング型観光を進める香川県。
どのまちも10年前に比べて、着実に進歩しています。

一方、旧楠港の利用問題でしっくりいってない、我らが別府町村合併問題でリコール投票が行われそうなゆふいん。大分県内の観光の要では、地域マネージメントが苦手な首長と、そうでない行動力のある人々との間の溝が埋まらず、大切な時間を失っていっている気もします。
首長ともなれば、短期的に金をいかに引っ張ってくるかということも大事です。しかしながら、中期的にどうやって自分たちのまちに金が自然に入ってくる仕組みを作るかが行政にとってはもっと大切なような気もします。現在のような停滞の状況が、早く前向きな力に置き換わることを願わずにはいられません。

さて、純粋に青春18切符の旅という話になると、時間の移り変わりとともに言葉と乗客のが変わるのが、非常におもしろかった。特急と違って、肩肘を張らない人々の生活を肌で感じることができるのが、普通列車の旅の醍醐味のような気がします

正月からいい体験が出来ました。
今年もなんだか、刺激多き年になりそうです。 ・・・がんばって、家族孝行せねば

また行けるといいな・・・。
>>>青春18切符でGO! 2005 おわり......
最後までおつき合いいただきありがとうございました。

今日の行程
倉敷-->岡山-->坂出-->観音寺-->伊予西条-->今治-->(しまなみ海道)-->福山-->下関-->門司-->小倉-->柳ヶ浦-->大分・高城 
移動距離: 740Km
所要時間: 16時間

今回の青春18切符旅行(2004/12/31-2005/1/3・2005/1/8-11[全7日間])
移動距離: 約3600Km
所要時間: 約100時間

2005.1.22 by Kadowaki Kuniaki

おーいたより